保険料に悩んでいませんか?自動車保険が安くなるかもしれません!


通販型の自動車保険にしてみましょう

現在、店舗型の自動車保険に加入していたら次回の契約は通販型の自動車保険にしてみましょう。一般的に、通販型の自動車保険の場合、人件費や広告費などコストを削減できているので、ユーザーに対する還元率も高い傾向にあります。また、自動車保険の一括見積サイトを利用すれば、あなたに合った最適な自動車保険を選べます。一度の入力で様々な保険会社を比較する事が出来るため、保険選びに迷った時にも便利ですよ。

補償範囲を本人限定にしましょう

一般的に自動車保険は補償範囲が狭くなるほど保険料が安くなります。今よりも保険料を安くしたい場合は、運転者年齢条件を自分だけにし、運転者限定の項目を本人限定に変えてみましょう。しかし、保険料が安くなる一方で自分しか補償されなくなってしまいます。家族で車を使わなければいけない時がある場合は、保険の見直すタイミングには注意して下さい。

車両保険を付けないという選択肢もあります

保険料を圧迫している1つの要因として、車両保険がついている場合があります。もし、将来的に乗り換えを考えている場合には車両保険を外してみるのもオススメです。完全になくすのは不安という場合は、補償額を減らしたり免責金額を引き上げるなど工夫すると良いでしょう。

特約も見直してみましょう

特約を見直すだけでも保険料が1,000円程度安くなるかもしれません。弁護士費用特約と呼ばれる物や、個人賠償責任特約と呼ばれる物は他の保険でも加入している可能性があります。二重で加入しているメリットは低いです。火災保険や生命保険などと一緒に加入していないか、もう一度よく確認しておきましょう。

どんなに気をつけていても起こってしまうことがあります。条件の違い等わかりにくいこともありますが、自動車保険は相手も自分も守られる部分が多いです。