ファクタリングとはいったいどのようなものか理解しておこう


ファクタリングの基本とは

日本にはたくさんの中小企業がありますが、大企業などに比べると資金がそれほど多くないため商品を売却した時に資金難に陥る可能性があります。企業間の売買の場合には大きなお金が動きますが、商品を売ったと同時にお金が入ってくるわけではありません。たいていの場合手形で取引きをしますので実際にその手形が現金になるのは2カ月後ないしは3カ月後です。すると、その間に運転資金がなくなってしまう可能性があり倒産の危機に瀕する企業も少なくありません。

そこで、ファクタリング業者からお金を譲り受ければ、中小企業は倒産を避けることができます。ファクタリングといってもいくつか種類がありますが、3者間のファクタリングの場合には売掛金をファクタリング会社に渡し、それと同時に現金を受け取ることで完了します。ファクタリング会社は、売掛金が商品を売却した企業からファクタリング会社に移ることを商品を購入した企業に伝えなければなりません。そして承諾を得てファクタリングが成立することになります。

銀行から借り入れよりも確実性が高い

企業がお金を借りる場合には、銀行から借りる方法が従来のやり方でした。ですが、中小企業は融資の審査を受ける場合大企業に比べるとあまり良い条件ではありません。そもそも、審査するための資料が少ない点において不利になります。しかも最近の銀行は、貸し渋りをしている傾向がありますので、希望した金額が手に入らないことも多いです。そこで、ファクタリングを利用すれば、比較的容易にお金を手に入れることができ、精力的に活動ができるでしょう。

ファクタリングは、企業が資金調達する方法の一つです。未回収の売掛金を買い取ってもらうサービスです。すぐに資金を調達することができるのが特徴です。