決済方法を増やそう!売り上げを伸ばすには?


現金払いだけでは顧客は増えにくい

決済方法として現金にしか対応していないと顧客が増えにくく、売り上げを伸ばすのが困難になってしまいます。支払いは電子マネーやクレジットカード、デビットカードなどで行いたいという人が増えているからです。キャッシュレスの時代になっていることを理解して、できる限り多くの決済方法を顧客に提供するようにしましょう。

決済代行が便利な理由とは

決済方法を増やして売り上げを伸ばしたいと考えたら決済代行を依頼するのが賢明な判断です。実際に多くの業者が利用するようになっていますが、決済代行を使うケースが増えているのはなぜなのでしょうか。決済方法を増やすためには基本的には一つの手段に対して一つの契約を締結しなければなりません。電子マネーを使うならその種類ごと、クレジットカードに対応するならブランドごとに契約をする必要があるため、かなりの手間がかかります。しかし、決済代行を利用すれば一つの契約でまとめてたくさんの決済方法を導入することができるのです。

また、出納管理も簡単になるのが決済代行のメリットです。決済方法ごとに契約を結んでいると、顧客がどの支払い方法を選んだかによって請求元が違います。毎月の支払いというのが典型的ですが、決済方法を増やすと毎月かなりの数の支払いをしなければならなくなるのです。経理負担を軽減する目的でも決済代行を使った方が無難と言えるでしょう。契約を締結した決済代行業者から一つの請求書が届くだけで済むようになるからです。

クレジットカードの加盟店契約を結ばなくても、決済代行を活用すればカード決済ができるようになります。コストも低いので、なるべく低コストでクレジットカードを使えるようにしたいお店の方に適しています。